プロバイオティクス 乳酸菌 サプリ

プロバイオティクス乳酸菌サプリ

プロバイオティクスと乳酸菌

 

普段あまり意識していることはないと思われますが人間の体内にはさまざまな微生物が存在しています。微生物や菌と聞くとちょっと気持ち悪いイメージもあるものの、例えば腸内に存在している善玉菌や悪玉菌など1度は耳にしたことがあるであろう菌もそういった微生物の仲間です。

 

言ってみれば、人間は微生物の助けを借りて生きています。意識していなくとも確かに存在している体内微生物のバランスがくずれると、体調不良のひきがねとなります。このバランスのことを腸内フローラといいます。腸内フローラを良好に保つことが健康に重要なことなのです。参考:腸内フローラ改善サプリランキング〔最新版〕

 

肉体的な体調不良で言うと、便秘や下痢など。精神的な体調不良で言うと、ストレスや五月病など。これらは体内の微生物のバランスがくずれた結果引き起こされると考えられる体調不良です。

 

では、体内微生物のバランスを改善する、あるいは、保つ方法はないのでしょうか?あります。プロバイオティクスを取り入れればいいのです。

 

人間を助けてプラスの効果をもたらしてくれる微生物のことをプロバイオティクスと言います。乳酸菌、糖化菌、納豆菌、酪酸菌、酵母菌などがこのプロバイオティクスに属します。

 

乳酸菌は善玉菌の代名詞ですよね。もっとも、乳酸菌は非常に種類が多く、なんと200種類以上もあります。適当に乳酸菌を摂取しておけばいいというものではなく、特にプロバイオティクスに優れている乳酸菌を摂取するのが賢い選択です。

 

乳酸菌に限らず、どうせ摂取するならより良質なプロバイオティクスを摂取するに越したことはありません。プロバイオティクスをプロバイオティクスたらしめているのは「微生物が『生きている』」ことです。どんなに有益な微生物でも生きたまま腸に届かなければ意味がないからです。そう考えると、生きたまま腸に届くのが良質なプロバイオティクスだという答えが見えてきます。

 

ただし、生きたまま腸に届くとしても何の働きもしないなまけものではやはり無意味です。しっかりと働いてくれる働き者でないといけません。それと、体内微生物のバランスを保ち続けるためにはプロバイオティクスを継続摂取する必要があります。

 

無理なく続けるためにコストが掛かり過ぎないのも良質なプロバイオティクスの条件でしょう。安かろう悪かろうなプロバイオティクスでは困るので、安ければいいということではありません、念のため。

 

抗生物質の誕生は人間の寿命を格段に伸ばしたと言われています。しかしながら、抗生物質が人間本来の自己治癒力を低下させ免疫力が低下したという説にはうなずけるものがあります。

 

抗生物質を否定する気はありません。生きていく上で必要になることもあるはずです。それはそれとして、もともと持っている自分を癒す力を取り戻すことはあっても失うことはないプロバイオティクスを始めることで免疫力を高めたいものですね。

更新履歴


このページの先頭へ戻る